Original

LA流 お家カフェの勧め ~Brevill エスプレッソマシン編~

LA流
お家カフェの勧め
~Breville 家庭用エスプレッソマシン編~

 

 

進化したエスプレッソマシンでお家カフェを楽しもう

 

お家カフェには美味しいドリンクが必修です。紅茶派の方もいらしゃるかもしれませんが今回はエスプレッソドリンクについて紹介させて下さい。

 

Italian Espresso National Institude(イタリアエスプレッソ研究所)によると美味しいエスプレッソを入れる5つの条件とは

 

1)        お湯の温度(86℃~90℃)

2)        抽出時間(20秒~30秒)

3)        お湯の圧力(9気圧以上)

4)        コーヒー豆の挽き方(粉は非常に細かく挽かなければなりません)

5)        タンピング

ポーターフィルター

 

タンピングとはポーターフィルターに入れられたコーヒーを均一に押し固める事をいいます。

なぜタンピングが必要かと言うと、エスプレッソというのは、9気圧と言う高い圧力のお湯で抽出するので、粉がヨレてしまわないように粉にも圧力をかけて固める必要があるのです。

このように美味しいエスプレッソを入れるには、熟練した技術と経験と様々な道具が必要になってきます。

みなさんカフェに行くのはその為ですね。

でもその一杯がお家で、それも簡単に作れるとなれば、かなり魅力的ではないでしょうか?

 

そこで今回はLA流お家カフェの勧めとして、Brevilleのエスプレッソマシンを紹介したいと思います。

 

目次

 

1、Brevilleエスプレッソマシンの3つの魅力

2、The Oracle Touch~お家にバリスタがやってくる~

3、The Barista Touch バリスタタッチ

4、The Oracle オラクル

5、The Dual Boiler デュアルボイラー

6、The Barista Express バリスタ エキスプレス

7、ブレビル エスプレッソマシン 比較表

8、まとめ

 

1、Breville エスプレッソマシンの3つの魅力

 

全機種、共通のBrevilleエスプレッソマシンのお勧めポイントをまずご紹介します。

 

1、まずはスタイリッシュなフォルム。シンプルで洗練されたデザインなので、どのキッチンスタイルでも無理なくオシャレに演出出来ます。ボディがステンレスなので見た目も良いし掃除もしやすい! 

どんな部屋においてもそれだけで家がカフェに早変わり。

 

2、エスプレッソマシンなのでもちろんエスプレッソのが一番のポイントになります。

PID(自動温度調節機能)搭載なので美味しいエスプレッソを入れる為に最適な温度のお湯をいつでも供給する事が出来ます。

 

3、機能性

機械上部はカップウォーマーになっているので、ドリンクの準備をしている間カップを温めておく事が出来ます。水槽には取り換え式に炭フィルターがついているので、安定したお水の質を保つ事が出来ます。

またコーヒーグラインダー付きの機種は、上部のコーヒー豆収納部分が豆が入った状態でも取り外し可能なので、コーヒー豆を変える際や掃除の時にとても便利です。

付属品は必要な物が全て揃っているので、他に購入する必要がなく、お好みのコーヒー豆とミルクさえあれば届いたその日からエスプレッソドリンクを楽しむ事が出来ます。

紅茶派には熱いお湯も出てきます。

では各機種の魅力について説明していきましょう。

 

2、The Oracle Touch ~お家にバリスタがやってくる~

 

 

 

 

まず最初にご紹介したいのが、最新機種のオラクルタッチ

名前からもご想像頂けるように、この機種では全てタッチパネルで操作ができ、より簡単にワンタッチでお好みのドリンクがお楽しみいただけます。

タッチパネルには予めプログラムされたドリンクが表示されているので、そのアイコンをタッチするだけで、マシーンが豆を挽き、適切な量の粉を入れ、タンピングした状態のポーターフィルターが出来上がります。

この機種はデュアルブロイラー(違う温度のブロイラーを二個搭載)の為、同時に最適なミルクも作れるんです。案外これないと作るのに時間がかかったりします。。

後は抽出をしたエスプレッソと出来上がったミルクをお気に入りのカップに注ぐだけ。慣れてくるとご自身でラテアートを楽しむなんて素敵ですね。

予めプログラムされているドリンクは、エスプレッソ、ラテ、フラットホワイト、アメリカーノ、カプチーノの5種類。あまり聞き覚えのないフラットホワイトとアメリカーノですが、少し説明すると。

フラットホワイト(Flat White)は、1980年代にオーストラリアで開発されたエスプレッソドリンクで、ラテに似たエスプレッソにミルクを混ぜたドリンク。

ではラテとの違いは?それはエスプレッソに注ぐミルクにあります。ミルクをスティームすると上から順に①大きく固い泡②小さいミルキーな泡③泡のない状態の三層に分かれます。

例えばカプチーノはエスプレッソに③→①の順で注いだ物になります。ラテはエスプレッソに③→②→①の順。ではフラットホワイトとは、エスプレッソに②を注いだドリンクです。なのでラテよりはエスプレッソを強く感じられるドリンクになります。

では次はアメリカーノ、Brevilleの故郷オーストラリアではロングブラックとも呼ばれますが、お湯にエスプレッソを注いだドリンクになります。エスプレッソの風味が残るので普通のブラックコーヒーとは一味違った風味が味わえます。

予めプログラムされたドリンクの他にも、エスプレッソの抽出時間、ミルクのフォームなど、色々試しながら自分なりのベストを探すのも楽しいかもしれません。

そして自分のベストが見つかると、その配合をマシンに覚えさせる事も出来るんです。好きなアイコンと名前を付けてタッチパネルに登録すると、次回からは自分のお気に入りドリンクがワンタッチで楽しめます。オラクルタッチでは8種類のドリンクを記憶させる事が可能です。

その他の機能としては、ドリップトレイを外すとハンドルがあり、ハンドルを回すと底にコマが出現、コマがマシーンを持ち上げる事で簡単に動かす事が出来ます。マシンは重いので、マシーンの後ろ側を掃除したい時や、設置場所を変えたい時など非常に便利な機能になります。

その他にミルクをスチームするスチームアームの掃除ですが、ミルクを作った後に元の位置に戻すと自動で高圧蒸気が噴射し、アームの内部をクリーニングしてくれるので、アームの周りについたミルクを拭くだけで綺麗になります。

オラクルタッチはフルオートマチックなので、朝起きて顔を洗っている間に美味しいラテやカプチーノが出来上がりなんて、優雅な朝になりそうです。

 

サイズ 約41cm×38cm×高さ46cm 重量約16kg

 

3、The Barista Touch バリスタタッチ

 

 

 

次にご紹介するのは、もう一つのタッチパネル式マシン、バリスタタッチです。

タッチスクリーンには、オラクルタッチと同様に予めプログラムされた5種類のドリンクと自身で記憶させる事のできる8種類のドリンクの機能があります。

お好きなドリンクのアイコンを押すと、自動的に粉を挽いてセットしたポーターフィルターに入れられます。

その後は付属のタンパーで自身でタンピングします。タンパー(写真ポーターフィルター左横)はマグネット式なので取り外し楽々。

バリスタタッチの特筆すべき点はオラクルタッチは抽出時間の変更は出来ますが、予めプログラムされている為粉の量は変更する事はできませんが、バリスタタッチは左側のダイアルを回す事で粉の量を調節する事が可能です。

オラクルタッチよりはご自身でタンピングしたり、粉の量を調節したり、カスタマイズできる所が増えます。エスプレッソマシーンが最適のドリンクを作ってくれるのか、ご自身で少し手をかけるのか、マシーン選びのポイントになりそうです。

またサイズがオラクルタッチより一回り小さめなので、キッチンで置き場所を考える際のポイントにもなりそうです。

 

サイズ 約3cm×34cm×高さ41cm 重量約14.5kg

 

4、The Oracle オラクル

 

 

 

 

オラクルを一言で説明すると、セミオートマティックにするのかフルオートマティックにするのかご自身で選べる機種になります。

粉の細かさ、抽出時間、温度、量、ミルクの温度フォームの量全てをワンタッチでプログラムする事が可能です。

まず左にあるのは粉の細かさを調節するダイアルです。ダイアルで好みの細かさを指定した後ポーターフィルターをセットして奥にぐっと押し込むと、自動的に粉が粉砕されタンピングされた状態のポーターフィルターが出来上がります。

オラクルもデュアルボイラーの為、エスプレッソ抽出と同時にミルクを準備する事が出来ます。

ミルクですが、まず温度をセット、次にフォームの量をセットします。カプチーノはフォームが多め、ラテは少なめとその日の気分によってお好みのフォームの量をダイアル一つで調節可能。

後は右にあるハンドルを手前に引くと設定通りのミルクの出来上がりです。またご自身でミルクを作りたい場合はハンドルを奥に押すとカスタムモードになりご自身でミルクをスティームする事も出来ます。

このように忙しい時はオート設定で機械にお任せ、時間に余裕がある週末やご自身で色々カスタマイズして楽しみたい時にはカスタマイズもできる。どちらも楽しめるのがオラクルの魅力です。

またオラクルタッチと同様、移動を簡単にする底のコマも搭載されていて、スティームアームの掃除も簡単です。

 

サイズ 41cmX38cmX高さ46cm 重量15.9kg

 

5、The Dual Boiler デュアルボイラー

 

 

 

 

キッチンの家電の色を揃えている方も多いのではないでしょうか?デュアルボイラーは今までご紹介した機種とは違い黒、赤、ステンレスの中から、ご自身のお好みで色を選べます。

デュアルボイラーの名前の通り、スティーム用と抽出用二つのボイラーが搭載されているので、エスプレッソを抽出しながら、ミルクをスティームする事ができます。

カスタマイズしたい方は、抽出温度&時間、スティーム温度&時間、プリインフュージョンの圧力&時間全てをカスタマイズ出来ます。右手のダイアルを回すとお湯が、左手のハンドルではスティームのの強弱も調節可能です。

またデュアルボイラーはコーヒー豆を挽くグラインダー搭載ではないので、上部がすっきりしていてカップウォーマーのスペースもたっぷり。すでにグラインダーをお持ちの方や、グラインダーにこだわりたい!っと言う方にもお勧めの機種です。Brevilleから専用グラインダーも販売されているので、併せて購入されるのもオススメです。

 

サイズ41cmX38cmX高さ38cm 重量13.6kg

 

 

ブレビル スマートグラインダー プロ BCG800XL

 

 

6、The Barista Express バリスタ エキスプレス

 

 

 

 

最後にご紹介したいのがバリスタエクスプレス。デュアルボイラー同様三色の中から好きな色を選ぶ事が出来ます。

キッチンが明るくなる赤、シックな黒、どのキッチンにも合う洗練されたステンレスどの色も素敵で迷ってしまいます。

左にあるダイアルで粉の粗さを調節する事が出来ます。右のハンドルでを奥に押せば熱いお湯が、手前に引けばミルクをスティームする事が出来ます。

グラインダーが搭載されているので、ポーターフィルターをセットすれば粉が自動的に排出されますが、その粉の量はマシーン左にある三つのボタンの真ん中のダイアルで調節可能です。

その右横のボタンでシングルを選べばセットした粉の量が、ダブルを選べばその倍の量がポーターフィルターに排出されます。

排出後はポーターフィルターに溜まった粉を、マグネット式で設置されているタンパーでタンピングし、後は抽出を待つだけです。

この機種はシングルブロイラーで、スティームと抽出を同時に行う事が出来ないので、この時点でまずミルクを準備しましょう。

ミルクはご自身のお好みのフォームになるように、スティームで温めながら泡立てます。バリスタ気分を味わいながら、日々ご自身のお好みのミルクを作る研究をされるのも楽しいですね。

今回ご紹介した機種の中でバリスタタッチ同様一番小ぶりなタイプになるので、キッチンでの置き場所を考える際の参考にして下さい。

 

サイズ 32cmX34cmX高さ41cm 重量10.4kg

 

7、ブレビル エスプレッソマシン比較表

それそれの機能について比較表を作成してみました。

 

8、まとめ

 

今回ご紹介したBrevilleエスプレッソマシンですが、あなたのお気に入りは見つかりましたか?

 

えっ?  まだよく違いがわからない??

 

では簡単に説明してみますね。 まず一番新しいモデル(2018年2月現在)はオラクルタッチです。

その次にバリスタタッチ。これはほぼ同じ時期に発売になりましたね。次にオラクルが古くてデュアルボイラー。最後にバリスタエキスプレスとなります。

 

オラクルの機能が基になったオラクルタッチ。

バリスタタッチはバリスタエキスプレスが基になりました。

ディアルボイラーに豆挽き機能がついたのがオラクルですね。

 

なんとなくわかってきたかと思いますが、ブレビルのエントリーモデルはバリスタエキスプレスになります。このモデルでも十分に味わい深いエスプレッソやカプチーノが楽しんで頂けます。豆挽きもついているので別でグラインダーを準備する必要もないですよね。

加えて、それ以上のモデルになるとデュアルボイラーがついているのでミルクスチームとエスプレッソが同時に抽出可能となり時短可能になります。 数十秒ですが、やはり効率よく美味しいカプチーノが飲みたい方にはおすすめです。

通常、挽かれた豆がポルタフィルターに落ちてきてタンパーで押さえるのですが、オラクルとオラクルタッチはなんと自動で押さえてくれます。 ミルクもボタンを押すだけでフォームが出来上がるのでほぼ、バリスタとしてのテクニックが必要ありません

ほぼ、自動でマシンがやってくれますが、すべて自動だと全自動エスプレッソマシンをおすすめしますが、作っている過程も楽しみたい方にはこのブレビルのマシンがぴったり。

 

もちろん、タッチパネルの方が見た目がよく、おしゃれですよね。 以前あったボタンもこのパネルの中に入ったのでスッキリしました。 指紋がつきにくいステンレスになっているのも見逃せないですね。

 

あなたの用途や予算そしてセンスに合った一台を見つけてみて下さい。

素敵なカフェに行くのも、もちろん楽しいですが、お家を素敵なカフェにすると、毎日がきっともっと楽しくなる事間違いなしです。

お客さんを招いて美味しいドリンクを振舞ったり楽しみは広がります。

またお家で作るので様々なアレンジをする事も出来ます。ホールミルクを低脂肪やソイミルクに変えてみたり、今流行りのアーモンドミルクやココナツミルクで一味違ったラテを楽しんだり。コーヒー豆にこだわってみたり。アレンジ、楽しみ方は無限大。

オシャレで楽しく、健康的で経済的はお家カフェ。ぜひあなたのお家にもオープンしてみませんか?

アルファエスパスでは今回ご紹介したBrevilleエスプレッソマシンはもちろん、オシャレなお家カフェにピッタリな家電や小物を様々取り揃えています!

一度遊びにいらしてくださいね。

 

アルファエスパスの6つの安心

 

1、買った後のアフターフォローが充実

やっぱりアメリカの商品なので日本でちゃんと使えるか不安な方も多いはず。当店では商品到着後、

製品品質保証は1〜5年間ついておりますので安心してお使い頂けます。

2、実際使って見たけど何か違う、といった方には30日間返品返金保証をお付けしております。

3、商品には変換プラグをおつけして発送するので到着してすぐにお使い頂けます。

4、アメリカにいる日本人のプロによる動作確認、検品、梱包後の発送なので安心。

5、消耗品や掃除用のタブレット水フィルターの取扱もあります。ご希望がございましたら日本語説明書もおつけします。現地にスタッフがおりますのでメーカーから直で部品やサービスが受けられます。

6、代金引換で商品が受け取れます。 ※30kgを超える商品等一部代引をご利用頂けない場合もございます。

 

10年以上、ブレビルの商品を日本に販売しております。

確実に使いたい方には変圧器をオススメしています。

Kay

Kay

美味しい物、便利な物、キッチン雑貨、アンティークが大好きなロサンゼルス在住9年目の二児の母です。

お問い合わせ

「商品について」「商品の部品取り寄せ」「修理」「メーカーへの問い合わせ」
といった疑問やご質問、何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。

この内容で送信します。よろしいですか?