Original

バイタミックス A3500の5つの機能すべて使ってみた

 

長く使い続けたいブレンダーを探して

 

ずっと欲しかった憧れのVitamixのブレンダーを購入することが出来、

長く使い続けたい思いで最新機種、アセントシリーズ A3500を選びました。

 

 A3500

 

実際使ってみて、やはりVitamixのブレンダーの凄さを実感し、本来イメージしていた混ぜるだけの

ブレンダーの概念が外れ、驚きのブレンダー5選をレシピを添えてご紹介いたします。

 

目次

 

1、スムージー

2、スープ

3、フローズンデザート

4、自動コンテナ感知システムがどう作動するか小さいブレンディングカップとボウルで試してみました。

5、自動洗浄機能

6、アルファエスパスの6つの安心

 

 

果物の種や芯も砕き 
驚きの触感!スムージー

 

最初は一番左のボタン、スムージーは3種類の果物とケールのスムージーです。

 

 

リンゴ  小 1個

ブドウ  120g

パイナップル 一口大5個

ケール  40g

お水   100ml

 

 

リンゴのへたは少し落としますがリンゴの芯や種はそのままです。

ぶどうも洗って 皮と種を付けたままコンテナに入れます。

 

 

ケールも洗っただけで 芯もつけて入ります。

パイナップルは皮をむき 一口大にしたもの使いました。

後は お水を入れて 蓋をきちんと閉めてサイドのメインスイッチを入れます。

 

 

 

Vitamix A3500に付いている機能、自動調理機能のスムージー機能を使いました。

スムージー機能のスイッチを押すと5のパワーで50秒の表示が出てきます。

 

 

スタートボタンを押して調理スタートです。

先ずは5のパワーでフルーツの塊を砕いていきます。


 

そうこうしている間にパワーが6、7、8と上がっていき、、

 

 

カウントダウンしていく自動調理残り時間40秒を切った時点ではパワーが10にあがり

 

 

スムージーの仕上げ状態に入りました。

 

 

 

カウントダウン0にて自動でストップしスムージーの完成です。

 

 

何とものど越しがよく舌触りもなめらかで美味しいスムージーが出来上がります。

 

 

Vitamix 3500には自動調理機能が搭載されているので、朝食時にスムージーを作る時は使用しますが、 

他の機種には自動調理機能が付いていないものもあります。

 

自動調理機能がなくてもパワーは同じなので全然問題はないとは思うのですが、 

ただ朝の忙しいい時間にブレンダーを50秒回す間に他の事が出来るのはかなり便利に感じます。

スイッチを押すだけでなめらかスムージーが完成してくれるのに初めは甚く感動しました。

 

栄養面から言いますと、野菜や果物をまるごと調理できるバイタミックスのブレンダーは

本来調理で捨てていた皮や種かぼちゃのわたなど、捨てることなく調理でき

生活習慣病や美容に良いとされるローフード生きた酵素を摂取できる食事法が実践できます。 

ケールやホウレンソウを入れたスムージは青臭さがあり苦手なお子様も多いかも?

ですが、まずはフルーツをたくさん入れたスムージから試してみてください。

きっと飲みやすく美味しいのですぐに慣れて少しづつ野菜を増やしても

飲んでくれるようになると思います。 

頑張ってお子様の健康をバイタミックスで支えていきましょう!

 

 

ブレンダーで温かいスープが出来る驚き!

 

コーンポタージュ

 

次に左から3番目にあるスープボタンです。 

フレッシュなコーン4本を使いコーンポタージュを作りました。

 

 

コーンはレンジで3分ほど過熱し、包丁でコーンの実をそぎ落とします。

 

コンソメの素 小さじ2

牛乳 200ml

生クリーム 100ml

胡椒

 

 

コンテナに材料を入れ蓋を占めて 自動調理機能のスープを押します。

 

 

5分45秒の表示が出ました。スタートボタンを押すとカウントダウンしながら15秒後には

自動でパワーが9、10と上がっていきます。

 

 

この後10のパワーで5分間回り続け自動で止まった時には、裏ごしなしの温かいコーンスープが完成し

驚きました! かなりの音でしたが。。。

 

 

 

何故ブレンダーで温かいスープが出来るか?と補足しますと

バイタミックスのブレードが超高速で回転することで摩擦熱が生まれ、

その熱によって加熱調理が可能になります。

 

実際作ってみて自動調理が終わった時点で蓋をあけると弓削が出て熱々のコーンポタージュが頂けて、

ブレンダーで温かいスープが作れるなんて!と驚きました。

 

 

ブレンダーで冷たいデザートが作れる驚き!

 

左から2番目にあるフローズンデザート、イチゴのフローズンデザートです。

凍らせたイチゴ

コンデンスミルク

ヨーグルト

 

タンパーもお忘れなく

これだけで無添加のデザートが作れるのです。

 

作り方は材料をコンテナに入れてA3500のデザート機能を押すとアイスが出来上がります。

蓋はメジャーカップを外し、タンパーを用意しておきます。

 

 

5のパワーで55秒と表示されました。

スタートスイッチを押してスタートします。

 

 

混ぜている間は、必要に応じてタンパーを使用して、材料が混ざりやすいようにします。

 

 

今回使用したA3500はアイスの自動機能が付いていて、カウントダウンしていき

止まると冷たいアイスクリームが完成するのですが、凍らせたフルーツや氷の量で

混ざりきらない事が多々ありました。

 

 

その時はアイス機能を追加しながら作りました。

 

 

生クリームやヨーグルト等の液体を加えると混ざりやすくはなるのですが、

あまり多すぎますとドリンク状になってしまい その加減が難しいところです。

自動調理機能が付いていない機種のVitamixのブレンダーでもアイスクリームは作れます。

氷や凍らせた果物、甘さはお好みで砂糖やはちみつなどをコンテナに入れてスタートさせ、

パワーをすばやく10に上げてお好みのやわらかさに達するまでブレンドするとアイスクリームの完成です。

最初にアイスを作った時は凍った果物を押しつぶすのに躊躇したり

水分が多めでフローズンドリンク状態になったりと失敗もありました。

 

 

何度かやっいくと

コツもつかめてきてアイスクリームが作れるようになりました。

 

 

バイタミックスのブレンダーで一番の驚きが氷やアボガドの種まで砕いてしまうパワーですが、

凍らせたフルーツを砕くパワーに圧巻でした!

 

急なお客様のデザートに無添加の手作りアイスクリームをお出しすると感激されるのではないでしょうか?

 

新機能 自動コンテナ感知システム

 

Ascent(アセント)シリーズには、土台部分にコンテナの大きさを感知するシステムが

内蔵されています。

 

 

別売りではありますが、Ascent (アセントシリーズ)専用の、

ブレンディングカップ、ブレンディングボウルを使用することができます。

  

 

このブレンディングカップとブレンディングボウルをコンテナと取り換えて使う場合、

コンテナの大きさを感知するシステムによりコンテナのサイズと機能性に合わせて作動

するようになるということです。

 

かなりテクノロジーを駆使した機能が付いていてビックリです!

ただこの機能は Ascent (アセントシリーズ)のコンテナとBlending Cup と

Blending Bowlのみのようで、今までのCシリーズ、Gシリーズ、そして 

Sシリーズのコンテナは使えません。

 

まずブレンディングカップとボウルを使用する刃と2Lの標準コンテナの刃を比べてみましょう。

 

一回り刃の大きさが違います。

コンテナをBlending Cupに変えて使用する際パワーは同じなのですが、

刃の大きさが一回り小さくなりますので 材料も少し小さめにカットした方が

早く混ざりやすいかと思います。

Blending Cupで一人分のスムージーを作ってみました。

 

いちご 2個

りんご 1/4

パイナップル 一口大3個

ケール 40g

お水50ml

 

ブレンディングカップに材料をいれます。

 

 

今回、作ったスムージーは材料がまだ少し大きかったようで

スムージーメニューだけでは混ざりきらず、追加で回してなめらかなスムージーが出来ました。

 

 

作ったスムージの蓋を変えてオフィスなどに持ち運ぶこともできていいですね。

 

次にブレンディングボウルですが、我が家で使用頻度が高いコーヒー豆挽きをご紹介致します。

 

コーヒーミル

ブレンディングカップを使ってコーヒー豆を惹いていきます。

容量は235mlですが コーヒー豆は200mlの表示のところまで入れるといいと思います。

 

 

ブレンディングボウル用の刃をのせ蓋をして土台部分にセットします。

 

 

スイッチを入れスタートさせます。

私は細惹きが好きなので、先ずは1のパワーから豆の混ざり具合を見ながら徐々にパワーを上げていき

 

 

全体が混ざりあったところで 一気に10に上げて、仕上げに入りスイッチを切ります。

 

 

コーヒー豆の惹き加減は、粗挽き、中挽き、細挽きとパワー調整しながら惹いていくので

好みの新鮮な豆が簡単に惹けて、毎日のコーヒータイムが楽しくなりました。

 

 

 自動洗浄機能

 

一番右のボタン、自動洗浄機能です。

 

 

使い方としましては使用後のコンテナを軽くすすぎ、お水を半分程入れて洗剤を数的落とします。

あとは蓋をしっかり締めて自動洗浄機能スイッチを押しスタートさせると35秒で洗浄が完了しストップしたら汚れをすっきり落としてくれます。

その後、お水ですすいで洗浄完了となり、お手入れがとても簡単で驚きました!

洗浄での注意事項としまして、すすぎの際にパッキンを外してよく濯いだ方がいいのと、

パッキンのねじれや蓋がきちんとしまってないと洗剤を入れたお水が↓の写真のようにあふれてきますので くれぐれもご注意ください。

 

 

 

Vitamix生活を始めてVitamixの機能, 混ぜる、つぶす、刻む、砕く、加熱 惹く、といういくつもの機能で いままでイメージしていた混ぜるだけのブレンダーの概念が外れました。

素材を生のまま摂取できるVitamixで作るスムージーは美容を助ける酵素がいっぱいです。

又、ビタミンとミネラルをふんだんにとることで体温を調節したり、体内で必要な物質を作ったり、

神経の働きに関わるなど、身体の状態を一定に保ち、免疫力を高め、病気の予防に大変役立ちます。

どうせ買うならアフターサービスがしっかりしているところで買いたいですよね。 当店では商品の到着後、レビューを書いていただけると10年保証をお付けしております。 できるだけ長く、そして少しづつでも確実に健康になりたい肩を応援します。部品のお取り寄せもメーカーで販売し続ける限りお手伝いさせて頂きます。ぜひ、今よりもさらに健康な体になって下さい! 気になることや質問等がございましたらお知らせ下さい。

 

※お詫び 今回、右から2番目のボタン、ディップ&スプレッドに関して試すことができませんでした!

次回、ぜひ紹介させて頂きます。

 

6、アルファエスパスの6つの安心

 

1、買った後のアフターフォローが充実

やっぱりアメリカの商品なので日本でちゃんと使えるか不安な方も多いはず。当店では商品到着後、

製品品質保証は1〜最大10年間ついておりますので安心してお使い頂けます。

1日あたり約40円で買える健康です!

2、実際使ってみたけど何か違う、といった方には30日間返品返金保証をお付けしております。

神戸まで着払いにてご返送下さい。

3、商品には変換プラグや日本語説明書、レシピ等をおつけして発送するので

到着してすぐにお使い頂けます。

4、アメリカにいる日本人のプロによる動作確認、検品、梱包後の発送なので安心。

5、消耗品(替刃やコンテナや蓋)の取扱もあります。現地にスタッフがおりますのでメーカーから直で部品やサービスが受けられます。

6、代金引換で商品が受け取れます。

※30kgを超える商品等一部代引をご利用頂けない場合もございます。

 

10年以上、バイタミックスやオスターを販売しておりますので安心してお買い求め下さい。

 

flora

flora

ウィンドーショッピングでも気づけば キッチン家電を見て回るのが好き   趣味は 3年前に始めたバレエにはまっています。

お問い合わせ

「商品について」「商品の部品取り寄せ」「修理」「メーカーへの問い合わせ」
といった疑問やご質問、何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。