Original

そちらはいま何時? 日本とアメリカの時差

海外に行くときは気をつけて! アイツがいるよ

海外旅行って、楽しいですよね。

知らない文化、新しい発見、未知なる出会い、はずむ気持ちは抑えきれないものでしょう。

けれど、ちょっと待って。冷静になろう。忘れてならないもの・・・それは時差。

ワクワク気分のまま海外から日本に電話をしてみましょう。日本は真夜中で叱られる、、、なんて失敗、ありえない話ではないのです。(実際、私は体験しました。)

 

日本の時間はひとつだけ。稚内も那覇も、正午は同時にやってきます。

けれど、ここ、アルファエスパスのオフィスがあるアメリカは、国内なのに時差があります。

たとえば、朝一番でメーカーに電話をしても「担当者はランチでいないワヨ」なんて言われることもしばしば。(そして2時間たってもランチから帰ってこないこともしばしば。。。おいっ!)

ではここで、日本とアメリカ(特にカリフォルニア)の時差についてご紹介しましょう。

 

 

目次

  1.  アメリカ国内の時差
  2.  デイライトセービングタイムと
  3.  ここで伝えたい スマートな時差攻略

 

 

アメリカ国内の時差

まずはアメリカ国内の時差を知っておきましょう。

アメリカはタイムゾーンというものがあり、4つのエリアで時間が分かれています。(アラスカ・ハワイを除く本土のみ対象としておはなしさせていただきます)

アルファエスパスがあるのは西海岸・カリフォルニアですので、パシフィックスタンダードタイムですね。

ニューヨークとカリフォルニア間では3時間の時差があります。カリフォルニアに住んでいる銀行員や証券取引のある人は、アメリカの中枢部である東海岸(イースタンスタンダードタイム)とのやりとりがあるので、朝は早く起きて活動するようになります。

 

テレビ番組の放送時間の告知などは、こちらの写真のように

「9/8c」

と表示されます。これは

「9時からですよ。セントラルスタンダードタイムの場合は8時からです」

と言っていますので、カリフォルニアは6時からということがわかります。

 

 

日本とカリフォルニアの時差は17時間です。

日本時間から17時間引き算すると、カリフォルニアの時間になります。

とは言っても「いちいち計算してられないよー!」というあなた。

こちらが日本とカリフォルニアの時差早見表です。2018年1月現在は、このような時差となっています。

例えば、日本が1月1日0:00で新年を迎えたとき、カリフォルニアは12月31日の朝7時、まだ大晦日なんですね。

 

 

デイライトセービングタイムとは

聞いたことはありますか? デイライトセービングタイム。

サマータイム、の方がピンとくるでしょうか。

Daylight Saving Time (略してDST)= 日の光を有効活用して、エネルギーの無駄を省こう!というもの。

言い換えれば「日が高い間を活動時間に充てるため、標準時間をずらしましょうよ」という試みです。

これはニュージーランドの科学者とイギリスの建築家が提案したもので、1908年にカナダの一部地域で採用されたのが初めて。国としては、ドイツとオーストリアが1916年に採用。つまり、日本で馴染みはないですが、世界各国でDSTは認知され、採用されているのです。

 

国によって適用期間は変わりますが、アメリカの場合、たとえば2018年は

開始 3月11日(日)2:00

終了 11月4日(日)2:00

となります。

 

具体的にどういうことが起こるのかといいますと

3月11日の夜中2時になったら、3時になります。(1時間早まります)

たとえば、夜0時に寝て朝7時に起きるとしたら、睡眠時間は6時間です。1時間の寝不足になります。これが時差ボケとなって、ボディブローのように身体に効いてきます。寒い時期ということもあり、朝起きるのがつらいという事態です。

 

逆に11月4日の場合は、夜中2時になったら、1時になります。(1時間戻ります)

なんと、1時台がもう一回やってくるというなんとも不思議なお話。

余談ですが、基本的にカリフォルニアではお酒は2時まで販売してくれますので、クラブで「この日の夜は1時間多くお酒が飲める?」と期待を抱きましたが、一回目の2時が来た時、セキュリティによって強制的に回収されました。はい、残念。

 

DST期間中では、日本とカリフォルニアの時差は16時間となります。

こちらがDST期間中の日本とカリフォルニアの時差早見表です。

 

 

ここで伝えたい スマートな時差攻略

失敗することなく時差を理解しておく方法、それは

事前調査!

“スマート”なんて言葉を使いましたが、やることは単純です。これが一番賢い方法です。

やることその一、 その国その場所との時差を知る

やることその二、 DSTを採用しているか、そしてDST期間中なのかを調べる

ですね。

 

特に強く伝えたいのは「DSTの始まりと終わりの日は要注意!」ということです。

DST期間は毎年変わります。

そして怖いことに、アメリカ国内にいても「明日から時間が変わりますよ~」と、誰かが教えてくれるわけではありません。テレビのニュースをみていてもサラッと伝える程度。時間が変わるなんてすごいことが起きるのだから、もっと国をあげてアピールがあってもいいんじゃないかと思ったりもしますが、ほぼ誰も教えてくれないと思ってください。

私はDSTの開始日にツアーの予約をとっていた友人が、待ち合わせ時間に間に合わず参加できなかったのを目の当たりにみています。みなさんにはこのようなことが起こりませんよう、自分の身は自分で守る!事前調査するように心がけてください。

 

これはおまけの話ですが、

アメリカ先住民の居留地では、DSTを採用していないところがあります。州がDSTを採用していても、州内の先住民居留地では時間が変わる、ということもあるのです。

ややこしくさせますね。

すべては事前調査です!ぬかりなく!

 

 

時差を理解していただいた今、カリフォルニアをより身近に感じてもらえるようになったのではないでしょうか。

時計をみながら

「ハリウッドセレブはディナーを楽しんでいる頃かな」とか

「そろそろアカデミー賞の発表の時間だな」とか

そしていつか「アルファエスパスに注文した商品が発送される頃かな」なーんて思っていただける日が来るとうれしいですね。

 

時差をチェックするには時計も必要。

Steltonのシンプルかつ、飽きのこない掛け時計。和洋どちらにもフィットします。

詳細は写真をクリック

 

 

 

 

 

 

Tracy

Tracy

アメリカオフィスにいます。海外生活は、カナダのバンクーバーに始まり、サンフランシスコ、そしてロサンゼルス。アメリカ(大陸)西海岸を南下しています。目指すはアルゼンチン? コツコツとキッチングッズをそろえては、ニヤニヤするのが大好きなアラフォーです。

お問い合わせ

「商品について」「商品の部品取り寄せ」「修理」「メーカーへの問い合わせ」
といった疑問やご質問、何かお困りの際は、お気軽にご相談ください。
当サイトのメールフォームよりお問い合わせいただき
担当者が折り返しご連絡いたします。